ホーム > 御両尊大遠忌法会について > 650回大遠忌について

650回大遠忌について

二祖峨山韶碩禅師650回大遠忌日程

平成26(2014)年 二祖峨山韶碩禅師650回大遠忌 予修法要
(於:9管区・4国際布教総監部)
平成27(2015)年 準法要 6月1日~8日
平成27(2015)年 献茶式(裏千家今日庵坐忘齋千宗室御家元) 〈6月〉
平成27(2015)年 諸堂耐震工事落慶式(第一期工事)
平成27(2015)年 大遠忌正当 10月7日~20日(20日:法定聚会)

二祖峨山韶碩禅師650回大遠忌Q&A

Q. 大遠忌(だいおんき)ってなに?
A. 遠忌とは、祖師や故人の功績を偲んで、亡くなられた後、長い年月がたってから行う法要のことです。
通例として、五十回忌以降、50年毎に行われます。その中でも、宗派を開いた祖師や、大本山の発展に深く関わった祖師方の法要を、特に大遠忌と呼ぶのです。
Q. なぜ瑩山禅師は能登に總持寺を開いたの?
A. 定賢律師(じょうけんりっし)から諸嶽寺(もろおかじ)を譲り受けたことに始まります。
瑩山禅師は、多くの寺院を建立しており、曹洞宗の教えを広めていこうとする強い思いがありました。
總持寺の地理的状況を見ると、その門前には良港があることから、海上交通を利用して、曹洞禅を全国に発信していこうと考えたと思われます。
Q. どうして總持寺は能登から鶴見に移転したの?
A. 明治31(1898)年の火災で能登の總持寺はほぼ全焼しました。
新しい時代の発展を願って、首都東京と国際的な港横浜の中間に位置する鶴見に移転、再建されたのです。
時に、明治44(1911)年のことでした。
瑩山禅師の祖廟がある能登の旧地は、現在は「總持寺祖院」として再建されています。
Q. 「二十五哲」ってどんな人?
A. 峨山禅師は人材の育成に努めました。その結果「二十五哲」といわれる25名もの俊才を輩出することになり、曹洞宗を全国に展開させる原動力となりました。
なかでも太源宗真(たいげんそうしん)・通幻寂霊(つうげんじゃくれい)・無端祖環(むたんそかん)・大徹宗令(だいてつそうりょう)・実峰良秀(じっぽうりょうしゅう)の5人は「五哲」と呼ばれ、總持寺運営の主導的立場を担いました。
Q. 「輪住制」ってなに?
A. 住職が、短期間に交替し、寺院の発展・護持に務める制度です。これは、多くの優れた僧侶に活躍の場を与え、それぞれの能力を発揮しながら、協力して寺院を維持することにつながりました。
總持寺には、「五哲」が開いた五院と呼ばれる寺院がありました。これらから一定期間毎の住職が出て、總持寺を守っていったのです。